近年、英会話スクールに多くのビジネスマンが足しげく通っている事実はご存知でしょうか。
彼らが学んでいるのは、従来の一般的な英会話ではなくビジネス英語とよばれるもの。
ビジネス英語とは、ビジネスの現場で用いられる英語・英会話を指します。
スクールでは、実際のビジネスシーンに活用できるよう、リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングを、すべてビジネスの事例と関連付けて学んでいます。

具体的な学習としては、最新のビジネストピックを題材にして、英会話の要素を取り入れつつ、ロールプレイを行い、ケーススタディの紹介がなされます。
さらに上級のコースとなると、ビジネストピックを基に、英語でディスカッションする講義もあるようです。

リーマンショックの影響で国際化が進むなか、多くのビジネスマンにとって、ビジネス英語は必要スキルになっているのかもしれません。
スクールの受講生は、ビジネスシーンで使われている英語を知り、また話すことで、普段の仕事においても、英語が必要となる場面で自分の実力を発揮できるでしょう。
ビジネス英語を学ぶのは、相手と同じ土俵で戦えることを意味しているのです。
それができるとできないでは、会社があなたに寄せる期待や、実際の仕事の幅などが大きく変わってくるかもしれません。

お勧め情報サイト

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし